千代田線「代々木公園駅」1番出口から徒歩15秒

小田急線「代々木八幡駅」南口から徒歩1分

tel.0364070889

東京都渋谷区富ヶ谷1-52-2 石橋ビル302

不妊鍼灸

過去3年間にいただいた妊娠報告数665件

実際に当オフィスの不妊鍼灸に通われていた方のインタビューをご覧ください

3年間(2016年〜2018年)の累計妊娠報告数:665名

※くにい治療院とOfficeKuniiの合算

665名の妊娠手段

※当院は鍼灸院です。体外受精や人工授精に関しましては、
患者様が当院と併用して通院されているクリニックでの
不妊治療手段です。

665名の年齢内訳

不妊鍼灸で17.3%の妊娠率アップ

妊娠報告665件のうち、クリニックで体外受精に取り組まれていた方からの妊娠報告数は517件。
寄り添った移植周期数が1121件だったため、患者様の胚移植あたりの妊娠率は約46.1%の確率だったということになります。

日本産婦人科学会の2012年の発表では、全国の体外受精を実施している不妊治療施設の総移植数に対する妊娠率は28.8%であったとしています。
当オフィスの不妊鍼灸を併用すると約17.3%の妊娠率アップが期待できることが示唆される結果となりました。

不妊鍼灸の併用で妊娠率アップ
不妊鍼灸の併用で妊娠率アップ

年齢別の移植あたりの妊娠報告率

総移植数 妊娠報告数 妊娠報告率
25〜29歳 22 13 約59.1%(13/22)
30〜34歳 197 124 約62.9%(124/197)
35〜39歳 389 206 約52.9%(206/389)
40〜44歳 451 166 約36.8%(166/451)
45〜50歳 62 8 約12.9%(8/62)
トータル 1121 517 約46.1%(517/1121)

なぜ鍼灸によって妊娠率を高めることが期待できるのでしょうか?

大正時代と現代の出産数に違いが?

あなたはこの衝撃的な事実をご存知ですか?

総務省統計局によると、1925年、大正時代の日本において45歳以上の女性から生まれた子供の数は18000人を超えていたと記録されています。
これは現代日本の45歳以上の出産数と比べると、なんと20倍以上にあたります。

45歳以上の出産数は現代の20倍以上
45歳以上の出産数は現代の20倍以上
大正時代にはなかった
大正時代にはなかった

体外受精はおろか、人工授精もない、もっと言えばエコーによるタイミング指導すら存在しない時代で、高齢であってもこれだけ出産率が高かった事実があるのです。
現代では、体外受精でもなかなか妊娠に至らなかった場合、卵子の質の低下をはじめとした「高齢によるもの」という、自身ではどうすることもできない見解を告げられるケースが少なくありません。

しかし、1925年の45歳以上の方からの出産数は
「現代に生きる方がこんなにも不妊に苦しむのは、年齢だけでは説明できない“なにか”があるのではないか」という思いを抱くには十分すぎます。

これは20代という若い世代でも不妊に悩む方が増加していることからも同様のことが言えます。

年齢だけでは説明できないなにかがあるのではないか

東洋医学の立場からこの事実を見つめると、一つの仮説が浮かび上がります。

不妊鍼灸で妊娠力が高まる理由

当オフィスでは“東洋医学”の立場から、大多数の方に当てはまる不妊の原因として「身体の上下のアンバランス」が関わっていると考えています。
東洋医学の世界では、人の身体には目に見えないエネルギーが循環していると考えます。
全身を流れていますが、このエネルギーは「必要とされるところ」に集まりやすい性質があります。つまり「日常的によく使う身体の部位」に集まります。

人の身体には気が循環している
人の身体には気が循環している
気が身体の上部に偏り、下部に不足
気が身体の上部に偏り、下部に不足

現代ではデスクワークが中心。また、デスクワークをしていないとしても、日常でパソコンやテレビ、スマホの画面を眺めている時間は相当なもの。
現代の生活リズムでは目や頭が酷使されるケースは圧倒的に多く、エネルギーが身体の“上部”に集まりやすくなります。
すると相対的に身体の“下部”にはエネルギーの不足が生じます。

交通インフラの発達により移動手段が電車や車となったこと。また、仕事においてはデスクワークが主流となり、足を使う機会が昔と比べて減っていることも身体の下部のエネルギー不足を助長する大きな要因の一つです。
昔と比べて「足にエネルギーが必要とされる頻度」が減っているのです。

この“身体を循環している、目に見えないエネルギー”を東洋医学の世界では“気(き)”と呼びます。

、仕事においてはデスクワークが主流

1925年(大正時代)と現代との違い、それは…

身体の上部(とくに目)を使う機会の増加

身体の下部(足)を使う機会の減少

これらにより、「身体をめぐる“気”の上下のバランスを崩している方が急増している」
と東洋医学の立場からは捉えることができるのです。

身体の上部に“気”が集まりすぎると

例えば大型連休の高速道路では、
車が同じ場所に集中することで必ず渋滞が起こります。

高速道路の渋滞

同様に、“気”が身体の一部に集まりすぎてしまうと、スムーズに流れずに“気の渋滞”が生じ、様々な不調が現れます。
身体の上部で“気の渋滞”が生じた際の代表的な症状を挙げると、肩・首・背中のこりです。
イライラしやすくなったり、悪化すると頭痛やめまい、耳鳴りを生じることもあります。

気の渋滞が生じると様々な不調が
気の渋滞が生じると様々な不調が
気が充満していると熱っぽくなる
気が充満していると熱っぽくなる

また、“気”は目に見えませんが「温かい」ものと考えられています。
そのため、“気”が充満してしまっているところは熱っぽくなる傾向があります。
身体の上部でこれが起こるとほてりやのぼせとして感じる方もいますし、汗が出るのは身体の上部からばかりという方もいます。
目の乾燥や喉の渇きとして感じるケースもあります。熱によって身体の上部の水分が渇いてしまった結果です。

身体の下部に“気”が不足すると

“気”が集まりすぎたところは、それが渋滞を起こすことで様々な症状を起こしえますが、逆にエネルギーの役割を果たす“気”が不足したところも症状を呈します。

“気”が身体の下部で不足した際の最も分かりやすい自覚症状は、下腹・腰・足の冷えです。「温かい」ものである“気”が十分に巡っていないため、冷える傾向にあるのです。

気が不足すると身体が冷える
気が不足すると身体が冷える

また、“気”が栄養するのはなにも皮膚や筋肉だけではありません。
“気”から十分なエネルギーを受けることのできなくなった身体の下部に
位置する臓器は、その働きを十分に発揮できなくなることがあります。

S状結腸〜直腸
例えば身体の下部に位置するS状結腸〜直腸。
便を運ぶ蠕動運動が機能せず、便秘になる方がいます。
膀胱
例えば身体の下部に位置する膀胱。
尿を正常に溜めることが難しくなり、頻尿になる方がいます。いつからか、夜中に尿意で目がさめるようになったとおっしゃる方も少なくありません。

“身体の上下のアンバランス”が妊娠しづらい原因に

そして、子宮・卵巣が位置するのも体の“下部”です。
身体の下部にエネルギー不足が生じると、子宮・卵巣が十分に栄養されず、生殖機能がスムーズに発揮出来なくなります。生殖機能がスムーズに働かないということは

  • ピックアップ障害を頻発
  • 排卵リズムの乱れ
  • 卵胞の成長が遅れる
  • 質の良い卵子ができない
  • 遺残卵胞がよくできる
  • 子宮内膜が厚くならない
  • 着床してもそのあとが続かない

など、妊活がうまくいかない不妊原因を生じてもおかしくないということです。
東洋医学の立場からみると、これら症状は身体の上下のバランスを崩した結果である可能性が大いにあるのです。

子宮・卵巣が位置するのも体の下部
子宮・卵巣が位置するのも体の“下部”

あなたの“身体の上下のバランス”は大丈夫ですか?

  • 妊活がなかなかうまくいかない

という症状に加えて、

  • 肩・首・背中のコリを感じる
  • イライラしやすい
  • めまいや耳鳴りを感じる
  • ほてりやのぼせを感じる
  • 身体の上部からばかり汗をかく
  • 目が乾く
  • 喉が渇く
  • 下腹や腰・足が冷える
  • 便秘がある
  • 頻尿や夜間尿がある
あなたの“身体の上下のバランス”は大丈夫ですか?

上記に挙げた症状を3つ以上自覚していらっしゃる方は、東洋医学的にみて“身体の上下のアンバランスを起こしている可能性が高い”ということができます。
現代でなかなか妊娠できないことに悩む方の8割以上は、この上下のアンバランスを起こしているといっても過言ではない、というのが現時点での当オフィスでの見解です。
昔は高齢女性でも多くの方が出産できていた理由の一つは、「現代ほど身体の上下のバランスを崩す生活習慣ではなかったから」だと推測しています。逆にいうと、上下のバランスを整えることができれば、いまよりも妊娠力を高められる可能性が大いにあるということです。

身体のアンバランスを修正し、本来のフラットなバランスに戻す

10代の頃には感じることのなかった症状をいつの間にか当たり前のように感じるようになっていませんか。
あらゆる不快な症状は身体のバランスを崩すことにより生じた結果です。
そしてその全身のバランスと妊娠力は深く関わっていると東洋医学では捉えます。

これら身体のアンバランスを修正し、本来のフラットなバランスに戻すことができるだけでも解消される不妊は実は少なくないのです。

身体のアンバランスを修正し、本来のフラットなバランスに戻す

不妊鍼灸の流れ

1:カウンセリングシート記入

1. カウンセリングシート記入

お子さんを望まれてから現在までのあなたの妊活歴を詳細にご記入いただきます。
不妊専門のクリニックで不妊治療をされている方、または過去に不妊治療をされていた方は、ホルモン値の検査結果や採卵・移植に際しての資料などをお持ちのようでしたら一通りご持参ください。

2:不妊カウンセリング

2. 不妊カウンセリング

記入していただいたカウセリングシートをもとに、詳しくお話を伺っていきます。どういった形で妊活や不妊治療をされてきたのかを詳しく伺わせていただき、あなたがこれからどう不妊治療に取り組まれていくことがベストなのかをご一緒に考えさせていただきます。
必ず他の相談者様がいらっしゃらない空間で行いますので、安心して些細な事でもお話しください。

3:お着替え

3. お着替え

上下ともお着替えを用意しています。前はファスナー、後ろはマジックテープになっていて、施術上必要最小限の露出ですむようにしていますので安心して施術が受けられます。
下着をつけたままで施術を受けていただけますが、キャミソールと一体型の下着などは正確な診察・治療の妨げとなりますのでご遠慮ください。

4:不妊鍼灸

4. 不妊鍼灸

あなたのお身体のバランスを整えるにふさわしいツボを選んで施術していきます。
使用する鍼は全て滅菌済みのディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)です。感染の危険はありませんのでご安心ください。また、鍼は髪の毛ほどの細さで痛みはほとんど伴いません。
お身体の状態によってはお灸も併用し治療します。火傷をつくらない方法でのお灸となりますので心地よい熱さです。
どうしても鍼の刺激が苦手な方には、国産セイリン社製の世界一細い鍼(※蚊の針ほどの細さ。)を使用しています。それでもダメな方には刺さない鍼で治療することも可能ですのでご相談ください。

5:お会計

5. お会計

会計時に今後の治療方針や治療期間、理想的な治療頻度、普段日常生活で気をつけていただきたい事などについてお話しします。
次回のご予約もこちらで承れます。
当院では必ず領収書を発行しています。当院領収書は医療費控除の対象となりますので大切に保管してください。

6:お灸の宿題

6. お灸の宿題

毎日自宅でお灸をすえていただくことをおすすめする場合があります。その時々のあなたのお身体に適するツボをお教えします。
当院に来た時だけでなく、自宅にいるときでも日々セルフケアしていただくことで体質改善を早めます。
東洋医学的にお灸が不適応と思われるような状態だと判断した方にはおすすめしておりません。

LINEで無料相談ができます
無料相談

来院が不安な方は事前に無料相談を

もしもご来院を迷われている場合は、まずLINEでともだち登録していただき、今までの不妊治療歴の詳細や不安に思っていることをメッセージにて送信してください。あなたにとって当オフィスの不妊カウンセリングと不妊鍼灸がお役にたてそうかどうかも含めてご返信させていただきます。

メッセージ例

メッセージ例

● 記入いただく内容

1:お名前
お名前があった方が返信文を作りやすいため、ハンドルネームでもイニシャルでも構いませんのでお名前のご記入をお願いいたします。

2:年齢
年齢も加味しての返信になりますのでなるべくご記入をお願いします。

3:不妊治療歴
クリニックで不妊治療中の方や不妊治療経験のある方は、検査結果・使ったお薬の名前と量・採卵や移植の結果など、わかる範囲で結構ですのでなるべく詳細にご記入ください。

4:質問
質問したいことや、不安や疑問に思っていることをご記入ください。

注意事項

  • 1人でも多くの方に対応させていただくため、LINE無料相談はお一人様1メッセージのみ(返信1回)とさせていただきます。
  • メッセージのやりとりは個人情報が特定できないような形にした上でメールマガジンやブログにて配信させていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 返信には数日間お時間を要することもございます。
友だち登録用QRコード

スマートフォンでLINEアプリを開き、左のQRコードを読み取って、友だち登録後にメッセージをどうぞ

過去の問い合わせと回答を見る

初回費用

15,800円(初診料6000円・施術料金9800円(不妊カウンセリング・不妊鍼灸))

お得な回数券

10回回数券93,000円一施術あたり9,800円→9,300円。さらに初診時にご購入で初診料6,000円→4,000円※10回通院された場合、初診時に10回券を購入されていると総額7,000円お得です

15回回数券135,000円一施術あたり9,800円→9,000円。さらに初診時にご購入で初診料6,000円→4,000円※15回通院された場合、初診時に15回券を購入されていると総額15,000円お得です

不妊鍼灸を受けられる方の枠は30名と限定させていただいておりますので、
下記受入可能枠が空いていることをご確認ください。

現在の受持患者様数

30

現在の新規患者様受入可能数

0

ご来院を迷われているあなたへ。まずは國井正輝公式メールマガジンを無料購読してみませんか?日々来院される相談者様から得られた情報をシェアさせていただきます。また、メルマガには質問フォームもあり、ハンドルネームで質問を投げかけることも可能です。順次メールマガジンを通じて國井がご質問にお答えしています。

メールマガジンについて詳しくはこちら