千代田線「代々木公園駅」1番出口から徒歩15秒

小田急線「代々木八幡駅」南口から徒歩1分

tel.0364070889

東京都渋谷区富ヶ谷1-52-2 石橋ビル

カテゴリ:不妊治療の方法

自然周期で採卵?刺激周期で採卵?

卵巣刺激をしてたくさんの卵子が採卵でき、たくさんの胚を凍結できた場合、気持ちにゆとりを持って移植することができるのは大きなメリットになります。

心身ともに負担のかかる採卵回数を最小限に抑えることができれば、それは体外受精において理想型なのかもしれません。ですが、強く卵巣を刺激しても多くの卵子を採れなかったり、採れても凍結できなかったりした場合はデメリットが際立ってしまうことになります。

厳密に言えば卵巣刺激の方法も低刺激~高刺激まであり、年齢や、過去の採卵の結果、月経初期に見える胞状卵胞の数やホルモン値などをふまえて、患者さんとともに採卵方法を決定していくクリニックも多くありますが、当院の初診時に今までの治療内容を伺うと、医師と十分にインフォームド・コンセントが行われている様子もなく、強い卵巣刺激を行う採卵をただただ繰り返されている方も少なからず見受けられます。
刺激系の採卵方法を繰り返してなかなか結果につながらなかった方が自然系の採卵方法に変えたり、もしくは自然系のクリニックに転院することで妊娠されるケースは、当院開院以来たびたび目にしてきた事実です。
またこれとは逆に、自然系の採卵を繰り返して結果につながらなかった方が、刺激することによって妊娠に至るケースも当然あります。

不妊治療に限らず、どんな医療にも言えることですが、どの治療方法が正解なのかは結果論でしか言えません。

妊娠した時に初めて「この不妊治療が正解だった」ということができます。
ネット検索を毎日繰り返したり、不妊専門書籍を多く読んだりして、不妊治療にものすごく詳しくなる必要は全然ありません(初診時に私よりも詳しい方がいらっしゃりタジタジなこともあります笑)が、最低限、いまどんな治療をクリニックで受けているのかを大まかでいいので把握し、ご夫婦で納得のいく治療を受けて、ある程度続けても結果につながらなかった場合は他の方法を模索する。

これが不妊治療を成功させるための近道になるのではないかと思っています。

 

以前、自然周期採卵と刺激周期採卵の解説動画を撮っています。

ご興味があれば以下よりご確認ください。


國井正輝公式メールマガジンは ↓ から登録できます。

https://office-kunii.com/mmagazine/index.html

最新記事を最も早く読むことができます。

完全無料で不要になればいつでも登録解除できますのでぜひご登録ください。

ブログトップへ